TOP Image

胸の栄養になる食品はどんなもの?

パスタを食べる女性ヒトは食べたものを消化して、それを栄養にして骨やお肉を作っています。

だからバストアップするには、何を食べるかが非常に大事なのです。

でもお肉とかスイーツとか好きなものばかり食べていたら、胸だけでなくお腹もアップしちゃいます。

なるべく効果的なものを食べたいですね。



* * * * * * * * * * * * * * 

banner4_59764

* * * * * * * * * * * * * * 


大豆食品

バストアップ効果のある食べ物としては、大豆食品が特に有名です。

大豆に含まれるイソフラボンという成分は、植物性エストロゲンとも呼ばれるもので、女性ホルモンの分泌に深く関与します。

植物性エストロゲンはバストアップサプリやクリームに配合されていて、最も注目されている成分なので知っている女性も多いのではないでしょうか。

日本人は日常的に摂っている女性も多いはず。

豆腐の画像伝統的な和食には大豆食品が多用されますから、味噌や納豆などを積極的に食べると効果的です。

豆乳やおからを利用することでも、大豆イソフラボンを豊富に摂取できます。

納豆はそのまま食べるよりも、味噌で味付けをする納豆汁にして食べることがおすすめです。

納豆汁として調理すれば、油揚げや豆腐などの大豆食品も同時に摂取できて、イソフラボンも余すこと無く体内へ取り込むことができます。


野菜・果物

野菜女性ホルモンの分泌を促進するためには、ボロンという成分を食べ物から摂取することも有効です。

ボロンを多く含む食べ物としては、野菜のキャベツや大豆をはじめとして、果物のリンゴやブドウなどがあります。

野菜と果物を混ぜたジュースから摂取するようにすれば、不足することを予防できます。

豆乳とりんごジュースを混ぜて飲めば、大豆イソフラボンとボロンを同時に摂取できますから、バストアップのための相乗効果が働いてくれます。

身近な野菜や果物に含まれている成分ですから、積極的に吸収していくことが大切です。



タンパク質を含む食べ物

飲み物を飲む女性バストアップを促進するためには、筋肉の源となるタンパク質を乳製品や魚介類から摂取することも役立ちます。

牛乳よりもヨーグルトジュースを飲むことがおすすめなわけは、発酵の力によって吸収されやすいタンパク質を含むためです。

ヨーグルトと豆乳を混ぜて飲むことも非常に有効です。

高タンパクな食品としては、チーズも欠かせないものです。

チーズを使った料理を日常的に食べていれば、丈夫で豊かなバストを作ることが可能になります。

タンパク質の塊とも言えるカツオブシもバストアップのために役立つ食べ物です。

味噌汁にはカツオブシの粉を入れて食べれば、カツオブシのタンパク質と味噌に含まれる大豆イソフラボンもバランスよく摂取できます。

* * * * * * * * * * * * * * 



ここで紹介した食べ物は、日ごろ普通に食べているって女性も多いはず。

でも良く考えてみると、偏ってるなって感じる人もいるのでは?

バストアップに成功するためには、品目数を増やしてバランスが良い食事をすることが大切です。

一つだけの食べ物ばかりを食べても効果は限定的となりますが、多種多彩な食材を合わせれば栄養の枯渇がなくなります。

総合的に栄養を摂取することで、女性ホルモンの分泌も活性化させることができるのです。

バランス良い食事をしているという基本を守りながら、大豆食品や乳製品を積極的に食べるようにしましょう。


* * * * * * * * * * * * * * 

TOP>胸の小さい悩み

* * * * * * * * * * * * * * 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ