これが効果的!30代のバストアップ方法

冷え性の女性30代は何もしないことにはバストアップすることはできません。

人の体の成長期は10代から20代で、その後は伸びることなく退化していってしまいます。
バストも同様で、成長のピークが過ぎて女性ホルモンが減少するに従い、胸を大きくするのが難しくなっていきます。

女性ホルモンは30代をピークに減少していってしまいます。
ただし、これは必ずしもというわけではなく、年齢を過ぎても逆に女性ホルモンが多く分泌されることがあります。


* * * * * * * * * * * * * * 

banner4_59764

* * * * * * * * * * * * * * 


ポイント1 恋愛をしよう

恋愛する30代女性女性ホルモンの分泌が多くなる要因として恋愛があります。恋をすることは、若さを保つ秘訣でもあります。

『最近キレイになったね、好きな人できた?』
なんて会話を聞くことがありますが、根拠がないことではないのかもしれません。

女性ホルモンの分泌が活発になって、自然にバストアップされるているかもしれませんね。

ポイント2 生活習慣の改善をしよう

胸を大きくするためには、ほかに食事、冷え、睡眠などを改善することでバストアップをすることができます。

特に仕事をしている30代の女性は、生活習慣か乱れがちです。
十分な食事がとれなかったり、睡眠時間が短くなっている人も多いです。

食事は栄養バランスが整った食事をすることが基本です。特にたんぱく質が女性ホルモンを促す働きがあり、さらにイソフラボンはバストアップには欠かせません。

たんぱく質の動物性たんぱく質と植物性たんぱく質をバランスよく摂る事が大切です。
また、ビタミンCは体内でコラーゲンを合成するために必要です。コラーゲンは健康ジャンルでよく話題になる成分です。
バストにもとても必要になります。

また30歳の女性は、仕事や育児などのストレスで悩む人も多くなってきます。
ストレスはバストには大敵なので、上手に解消するのがバストにはとても必要な要素です。

ビタミンCはストレスを和らげ、リラックスした状態を作ってくれます。
運動や読書など自分なりの解消法を見つけ、その補助として接収するようにしましょう。

ミネラルもバストの基本となる筋肉を維持する働きもあります。体の中では摂る事ができないので、食事や水分などから摂取する必要があります。

野菜・サラダほかにも、緑黄色野菜に豊富なビタミンAはバスト以外にも美容効果として、肌にハリを与え、皮膚の新陳代謝を活発にするなどの効果もあるので、美容にもとても良い成分です。

食事の次に、バストには冷えが大敵です。シャワーなどで入浴を済ませるのではなく、お風呂に入ることで、血行促進や代謝アップなどの効果もあり、血行促進や代謝アップをすることで、冷えが改善され、血行が良くなります。

血行が良くなることで、栄養が届きやすくなります。ストレス改善などの効果もあいり美容効果も高まります。さらに、入浴中や風呂あがりにマッサージなどを行うことで、血行が良い状態なので効果を発揮することができます。

睡眠は、ただ寝るだけではなく、寝る時間が重要になります。寝る時間帯は11時から午前2時がゴールデンタイムと呼ばれております。この時間帯は成長ホルモンが一番多く出る時間帯なので、女性ホルモンも多く分泌されます。

成長ホルモンは思春期に多く分泌されますが、大人になってからも分泌されるので、寝るのが遅くなったり寝不足などをしないで安定した睡眠をとることが大切です。

ポイント3 サプリを併用しよう

バストアップクリーム最近は、バストアップ補助を目的としたサプリやクリームが市販されています。
その多くは、女性ホルモンに似た成分を補給することでバストの乳腺の発育を促すものです。
30代をすぎると女性ホルモンが減少していきますので、外部から補充するというアプローチです。

これらのサプリを使用する場合心構えが必要です。
それは、効果を判断するには一定の期間が必用だということです。

何らかの変化を実感するには時間がかかります。
すぐに効果があったという口コミもありますが、それは個人差だと思ってください。
むしろ多くの人は、根気よく使い続ける必要があると思っていた方がいいでしょう。

また、サプリはバストアップの補助的な役割だと理解しておきましょう。
メインは生活習慣の改善です。

健康な体と精神を作ることで、バストアップしやすい体質のして、その上でサプリを利用するようにしましょう。


* * * * * * * * * * * * * * 

TOP>胸の小さい悩み

* * * * * * * * * * * * * * 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ